きれいごとでいこう!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。いい会社のいい話から私的なつぶやきまで、公私をつづります。

共感しすぎて辛い人におすすめ。エンパスの本

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

今日のテーマは
「共感しすぎて辛い人におすすめの本」です。

先日、共感力の重要性について話していたら、
ある方が言いました。

「私は共感しすぎて辛いんです」と。

 

うむうむ、それ、わかります。
もっと共感力を高めたいと思う人も多い中、
共感しすぎて辛い人もいるんですよね。

実は、私もそうなのでお察しするのですが、
辛いと思うのなら、それはエンパスかも。

私としては、時に辛いけど素敵な特性と思ってます。

共感しすぎるエンパスと異なり、
共感力のない特性をサイコパスと言いますが、
もしゼロからどちらかを選ぶとしても、
心の痛みのないサイコパスより
心の痛みのあるエンパスを私は選びます。

 

エンパス度を知るならアニータ・ムアジャーニ著
繊細さはこれからの時代の強さです』がお勧めです。

34項目のエンパステストもあって、
エンパスのガイドブックとして有益です。

 

私は、この日本語訳の本で理解を進めるのが
いいんじゃなかないと思いますが、

著者のアニータ・ムアジャーニさんの
HPにもテストが掲載されています(ただし英語)。

https://www.anitamoorjani.com/empath-quiz


または、私のYouTube【幸せに働き生きるヒント】でも
ライブを行い、同書のエンパステストを読み上げています
版元のナチュラルスピリット社に承諾いただいています)

テストは18:46から

www.youtube.com


私は、自分がエンパスだとわかったとき、
「だからなのか〜」と、長年の疑問が解消され、
どこかホッとしたのを覚えています。

例えばですけど、
同じ映画を見ても、同じ話を聞いても、
私がいちばん強く心動かされているようなのです。
それが悲しい話だったりすると、
自分の身に起きているわけじゃないのに
ああ気の毒だな……と共感しすぎて、めっちゃ辛い。
しかも忘れずに思い出して、また辛い。

あと、ハラハラドキドキするのが苦痛です。
みんなが大好きな、手に汗握るスポーツの試合とか、
映画のカーチェイスの場面とか、無理!(≧∇≦) 

ほかの人は、なぜ平気なの?
不思議に思うことが昔からよくありました。

 

そうかそうか、エンパスだったのか。

これからもその事象は変らないけれど、
自分で自分の特性を知ったことによって
「だから私はこうなるんだね」と
もやもやしなくて済むようになったのです。

 

気になる方は、本と動画、ご覧くださいね!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

www.youtube.com

BOOK こちら

3つの条件「お金とやりがいと職場環境」

 

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

今日のテーマはこちらです。
3つの条件「お金とやりがいと職場環境」


先日 仕事先で、30代の転職組さんから聞いた話です。

新人だったころ、
ある人に言われたという言葉。

「お金、やりがい、職場環境。
 この3つのうち、1つは欠けてもやっていける。
 でも、2つ欠けたらそこから出ろ」

そして実際、Aさんが前の会社を出て
転職したときはそうだったのだと。

これ、みなさんにも当てはまりますか?

起業や独立を考えていた人には
当てはまらないかもしれませんが、
会社に所属していく人にとっては
イメージしやすい言葉だなと思います。

~  ~  ~

お金、やりがい、職場環境

実はこれ「ハースバーグの二要因理論」を使って
考えることができます。

YouTubeで動画を撮っているので
こちらを観ていただくと分かりやすいのですが

 

アメリカの臨床心理学者ハーズバーグは、
人のモチベーションは
不満足を引き起こす「衛生要因」と
満足をもたらす「動機付け要因」
この2要因が混合してもたらされるとしました。

衛生要因は、なければ心が不衛生になるものですから、
例えば、給料、休日などの労働条件のことです。

動機付け要因は、あればモチベーションが出るものですから、
例えば、やりがい、成長の実感のことです。

はい、さきほどの「お金、やりがい、職場環境」のうち
・お金(給料)は衛星要因
・やりがいは動機付け要因になりますね。

では、職場環境はどこに入るのかというと、
これがよく出来ていて、両方に入るんです。

・物理的なきれいさや快適さなら衛生要因
・いい仲間や先輩がいるなら動機付け要因

 

「お金(衛生要因) 
 やりがい(動機付け要因)
 職場環境(衛生要因・動機付け要因)
 この3つのうち、1つは欠けてもやっていける。
 でも、2つ欠けたらそこから出ろ」

確かに、一つ欠けても
職場環境によっては衛生要因と動機付け要因を
両方得られる可能性が高い。

衛生とか動機付けとか
日本語としてなんかややこしいので、

お金、やりがい、職場環境のほうが
イメージしやすいですね✨

こちらの動画も分かりやすく作ってまーす!

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

www.youtube.com

2024年3月のおついたち「良馬は毛にあらず 士たるは その志にあり」

おはようございます。
2024年3月のおついたちです。

ほんとにもう3月⁉︎  
カレンダーをニ度目した朝でした。

さて今月の言葉は、

「良馬は毛にあらず、 士たるは その志にあり」
(尾藤ニ洲/江戸後期の儒学者)

 

 

人が尊敬を受けるのはその外見ではなく、
人格・人柄という心の持ち方(志)
によって決まるのである
『静寄軒集』より

 

外見(ラベル)は分かりやすいし、
それも本人の努力に寄るものではあるけれど、
何より自分の未熟な中身を育てたいものです!

春の便りが聞かれる3月。
今月もすべての人にとって善い月でありますように✨😊

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

www.youtube.com

 

やまなしキャリアアップ・ユニバーシティ 「ホスピタリティ・共感力 講座」4回目 2024

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

昨日は晴天の甲府へ!
やまなしキャリアアップ・ユニバーシティの
「ホスピタリティ・共感力 講座」4回目でした。

 

 

毎回の実践ワーク(宿題)の発表、
「共感することと言いなりになることは違う」
「本当に『人を大切にする』とはどういうことか?」
「異なる意見の言い方」
「強制にする?自主を待つ?」
「アンコンシャスバイアス=無意識の偏見」
などなどお伝えしました。

ディスカッションを多くしているので、
そこで生まれた意見の深掘りがまた楽しい。

また、みなさん顔馴染みになっているので、
雰囲気よくうれしいです。

 

2時間のうち、毎回10分のもぐもぐタイム(休憩)を設けています。
でもいつも、みなさんお菓子をほとんど食べられません。なぜかしら?


頭を山の上に出し~♪(ほんとは雲の上ですけど)

 

来週はあっという間に最終回です!
少しさみしいけれど、精一杯つとめます。

www.youtube.com

愛を持って言いたいことを言う

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

YouTube【幸せに働き生きるヒント157】はライブで

「愛を持って言いたいことを言う」をテーマにお送りしました。

www.youtube.com

タイムスケジュールはこちらです!


「言えばいいのに」。
そう思うことが多いんです。

嫌われたくない。
いい人でいたい。
面倒くさい。

だとしても「言えばいいのに」と私は思います。

 

言わないから悩みが続きます。
言わないから疑問が続きます。
言わないから自信がなくなります。
言わないから言い方を忘れます。

「言わなきゃよかった」よりも

「言えばよかった…」の後悔のほうが
  どれほど大きいことか。

あっという間に死んじゃうんですよ?
言えるのは今ですよ。

言いたいことを言おう。愛を持って。

 

ぜひご覧ください!

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした!

www.youtube.com

30年前の『週刊ホテルレストラン』に思うこと

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

 

先日、実家に行った際、
懐かしいものが出てきました!

 


『週刊ホテルレストラン』1994年11月25日号

母がファイルに保存してくれていました。

30年前!


私は2000年1月にフリーランスになりましたが、
その前は出版社オータパブリケイションズで
『週刊ホテルレストラン』編集部に勤めていました。

オータに入社したのが1993年5月だから、
この特集は、その1年半後に担当したものです。

このホテルの朝食特集の前に、
レディースプラン特集とか、
ほかの特集もすでに担当していたんじゃなかったかな。


名前を入れておいてよかった。そうじゃなければ思い出せなかった。

 

 

ホテルの朝食って、
ランチやディナーよりも
ホテルのランクや品格が出ると言われていました。
中扉にあるように朝食は「ホテルの顔」なんです。

いまもホテルに泊まるとそう思います。
みなさんもそう思いませんか?

この特集では、45店舗の朝食を比較している。
すっかり忘れていたんですけど
結構、力を入れたんだなと思います。

30年後の私が見ると、
なんだこの「ふわっ」としたタイトルは?
中扉を表紙にしたほうがまだまし、とか思うけどーー

 

いまならその理由がわかります。

・担当者(私)にネーミングのセンスがない(≧∇≦)
・編集部みんなで協力してタイトルを練ろう!という考えもなかった
・なぜなら「個人商店の集まり」的だったから。
 ただし総合的な力が付くなど、よいほうに振れることも多かった。
・そもそもタイトルをあまり重視していなかった
・なぜなら、ほとんどが法人の定期購読だから
・よって、ネーミングのセンスも育たない
 (最初に戻り、これがループされる)

 

当時は分かっていなかったことが
こうして客観的に分かるようになりました。

ただ、編集部はみんな一生懸命やってました!
毎週毎週 1冊のホテレスをつくることが
どれだけ大変だったか。

あの頃はそういうもんだと思って
とにかく毎週金曜日に新しいホテレスを必ず出す!
と、みんなそれぞれの仕事をやっていましたが、
「ほんとによくやってた」としみじみ思います。


週刊誌に7年間在籍して独立したから、
月刊の連載を持ったら、あなた、
もう、楽で、楽で。
すっごい楽だな~って思ってました。

ところが月刊に慣れてしまうと、
あっという間にひと月が経つようになり、
楽とは思わなくなっていきます。

人間って…、私って…、怠けようと思えば
いくらでも怠けられてしまうんですね~。

~  ~  ~

 

ところが、
週刊誌で培った習性が残っていたのかどうか、
私は2020年から週刊でYouTube【幸せに働き生きるヒント】
スタートさせまして、
自ら、首をしめております!

でも、対談には素晴らしい方々が登場してくれて
これは本当に楽しくて最高だし、
編集動画でも企業紹介は取材と同じだから
大変でもやりがいがあります。

とにかく自分をちょっと背伸びさせるほうが、
誰のためって、自分のためになるんですよね。
それが誰かのためにもなるならば、
こんなにいいことはないです♡

 

~  ~  ~

 

聞いたところによると、
私の古巣『週刊ホテルレストラン』
2024年1月から
月刊ホテルレストランになったそうです。

週刊が終わってさみしい…とは思わないです。
紙媒体が読まれなくなって久しく、
ここまで続けてきたことがすごい。

1966年に創刊して60年近く続けている業界誌です。
ある日、オンラインだけになる日が来たとしても
残っているだけでもすごいのです。

 

~  ~  ~

 

元週刊ホテルレストラン副編集長で
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

週1回更新の
【幸せに働き生きるヒント】はこちらです!
https://www.youtube.com/channel/UCSFQ8xQk3ccevyHIJxMavDA

www.youtube.com

YouTubeきっかけの講演

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

 

2月19日は講演でした。
ご依頼先企業の、年に一度のイベントの中で、
40分間、登壇しました。

大手町の日経ホールにて、出番を待つ間に一枚。

 

通常の講演会は、90分のご依頼が圧倒的に多いですが、
イベントや記念式典の中でお話させていただく場合は
40分や60分、ときに30分ということもあります。

私のYouTubeを事前に複数本、観てくださっていたので
どのような話をどのような理由で希望されているのか、
本質をしっかり打ち合わせできてとてもよかったです!

また、同じ動画をよいと思える同士なので、
互いの考え方に共感する点が多々あり、
最初から打ち解けやすいのも嬉しい点です。

※講演のご依頼は、SNSでつながっていない方からは
 HPのお問合せ経由でいただいています。こちらです。


有り難いことにYouTubeをご覧くださった担当者様からの
ご依頼が増えていて、
毎週、一人もくもくと収録している背中を
押していただけています。感謝·*:☆..。o♬*゚·*:☆..

 

 

檀上からは、意外と客席がはっきり見えるものです。
笑顔で聞いてくださっていたり、
頷いてくださっていたり、
一生懸命メモを取られている姿があったりして
とてもうれしく思いました!

ご縁をありがとうございます。

 

講演の最後は、いつもの言葉で。

 

【幸せに働き生きるヒント】毎週更新中!

www.youtube.com

動画:特例子会社リベラル【後編】

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

YouTube【幸せに働き生きるヒント156】
東京・西葛西の特例子会社リベラルを紹介します!

今回は後編です。

     こちら!

www.youtube.com

 

リベラルの1回目の取材は2015年でした。
そのとき、瀬戸川さんが初めての記者ですと言われて、
私は「すっごく良くない!」って思ったのでした。

リベラルのような人を大切にしている会社、
業績も伴っている会社、
未来の可能性を秘めている会社、
社会に気づきを与えてくれる会社は

もっと広く知られるべきだからです。
広く知られて、いい影響力を持つべき。

それは社会の気づきになり、
よりよい社会の力になるからです。


そういう思いでたびたび記事を書かせてもらったり
講演で紹介したりしてきましたが、

こうして前編・後編と動画で語ると、
改めていい会社だなあ~と感じ入ります。


後編のタイムスケジュールはこちら!

 

~  ~  ~

後編かな?に出てきた「合理的配慮

今年2024年4月1日から合理的配慮の提供が義務化されます。

例えば、下記のようなケース(〇)は
とってもいいと思います。

 

ただ問題なのは、
動画でお伝えしたように、

会社が障がい者に対して
腫れ物に触るような態度を取ってしまうとーー、

本当は努力すればできることを
「やらなくていいよ」となってしまったり、
改めなければならない態度を
誰も注意しなくなってしまったり。

それって誰が幸せなの?
ということになりかねないのです。

実際に、合理的配慮を過度に行って
身動きできなくなっているケースも世間にはあるそうです。

こういう流れもある中だからこそ、
リベラルの「本気で向き合う」ことが貴重なのです。

実際、リベラルの離職者数は
5年間で障がい者1人、健常者2人しかいません。

こちら!

 

また、「仕事は時間ではなく結果」
という考え方も、障がいの有無は関係ありません。

9~5時の時間を過ごすことが仕事なのではなく、
結果を出すことが仕事なんだとリベラルは考えます。

障がい者にも分かるように言葉も仕組みも工夫していることは
健常者にも分かりやすく参考になるのです。

ぜひご覧くださいね!

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした!

www.youtube.com

人間愛の残量

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

 

先週、X(旧Twitter)に書いたことを
ブログにも残しておきたいと思います。

 

 

長く取材活動をしていると、
こういう話をたまに耳にするんです。

前の経営者は能力も人間力も素晴らしかった。
のびのび楽しく働ける環境があり、
そういう環境を育んでくれた前の経営者が
みんな好きだった。
会社に活気があり、業績も良かった。

ところがーー、
新しく就任した経営者は
前任者の良いところを全く踏襲しようとしない。
社員は戸惑い、悲しみ、不安がっている。

前の経営者時代に人間愛がたっぷり充電されていると、
その経営者がいなくなってもすぐには目減りしません。

が、新しい経営者になって充電されなくなれば、
残量は日ごとに減っていきます。

メーカーなら製品の魅力に陰が出始めるし、
サービス業ならサービス品質が落ち始めます。
ゆっくりと、ゆっくりと。


で、たぶんですけど、
新しい経営者が本気で「まずい」と気づくのは、
スマホの充電みたいに残量が20%を切って
赤い警告が出てからです。
ところが、目減りした人間愛は、
電池と違って急速回復は無理なので、
体制を戻すのはかなり大変なことになります。

その経営者にはもう無理で、
また新しい人を迎えるケースも珍しくありません。

 

こういう場合の経営者に見られるのは
本人が愛情不足であることです。
言い切っちゃうけど、たぶん合ってます。

だから、得意じゃない人間愛に
向き合うのは嫌なのです。

それとプライドがめっちゃ高い。
よって、前任者の真似をするのは癪だし、
教えてもらう気もない。
結果、自分が得意な理詰めでやろうとします。

ただ、人は理論や論理では動きません。
一時、動いたように見えても続きません。

人は結局のところ、感情で動くのです。

 

~  ~  ~

 

これは大企業でも、中規模企業でも、
小規模企業でも起こります。家族経営でもです。

昔の私は、社員から愛されていた前任の経営者に対して、
「なぜ後継者の条件や仕組みを整えて
 おかなかったのか?」と、思ったものですが、

その後も似たケースを聞くにつれ、
前任者に責任を押し付けられないこともあると
理解していきました。

いくら後継者の条件や仕組みを整えていても、
後から来た人がぶち壊すのは簡単だし、
経営者(社長)が心ある人でも、
その上の会長はそうとは限らないからです。

こういう話を聞くとほんと思うんですけど、
人の上に立つ人は、
人の哀しみが分かる人じゃないといけません。

また、子どもがかわいくて継がせたいなら、
役職を与える何十年も前に、
親としての愛情を与えるべきです。

人の哀しみや尊厳をちゃんと理解できるための
愛情を注いでから会社に迎えるのが、
根本的な経営指導じゃないかと思います。

人間愛の残量を高く持っておく。
実は経営にもすごく大事なことなんです。

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

www.youtube.com

義理チョコが辛かったな~という話

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

昨日はバレンタインデーでしたね。

今日のテーマは
義理チョコが辛かったな~という話でーす。

なんか…、水をかけるような話かなと思って
当日にアップするのはやめておいたんですけど…

私は長年、この日は甘くない、苦い日でした。

社会人になった80年代から長い間、
根強かったんです、義理チョコの習慣が。

今も残っているでしょうけれど、
当時はもっと強く義理チョコの習慣が社会にありました。

会社は言うまでもなく、
習い事の場でもあったし、
たまたま2月に会食があったりなんかすると、
14日の当日でもないのに、
事前にお金を出し合ってチョコを買おうと
言い出す人が結構いたりして。

で、「はい、これ女性全員からです」と
男性陣に義理チョコを渡すのが暗黙の了解でした。

めっちゃ嬉しそうにもらう男性陣の笑顔は
決して悪いものじゃなくて
微笑ましいといえば微笑ましかったです。

でも…、それでも「楽しいイベントだな」と
思ったことはなかったなあ(遠いまなざし)。

 

なぜ義理チョコの習慣が嫌だったかというと、
理由は2つありました。

一つは、やっぱり気持ちが伴っていないからです。
義理なのはお互いわかっているのに、
時間をかけて、お金をかけて、ストレスもかけて、
みんなで一律にあげる。
なんなんだこれは?って感じw

もう一つは、ジェンダーの話です。
社会的地位の低い女性たちが
(今もですが当時はもっと低かった)、
性別で優遇されている男性陣にあげなきゃならない……。
これも、なぜなの?と感じました。

私は、好きな人にはあげたいと思うし、
実際にあげてきました💕

また、恋愛対象じゃなくても、
ありがとうございますとか
お会いできてうれしいですと
心から思っていたら差し上げてきました。

それは、私にとっては義理チョコじゃなくて、
思いの伴ったチョコだからです。

 

けれど、それ以外では、
・同調圧力が働いていることも、
・チョコレート会社の上手なマーケティング戦略に
 まんまとのせられていることも、
・真心がビジネス消費されてるのも
しっかり感じていたので、
毎年毎年、こりゃまいったな~って思っていました。


きっと男性の中にも、
「まいったな~」って思っていた人がいたでしょうね。

もらった数を他者と比較するのが辛かったりとか、
好きでもない人たちにチョコを強制的に渡されて
ひと月後にお返しさせられるって
楽しいことではないですよね?

まあ、お返しされないことのほうが多かったですけど。
(いらないので、それでいいんですけど)

時は流れてーー
今は、私の周りでは義理チョコの風潮がなくなり、
ほんと心穏やかです。

近年は、女性が男性に渡すだけではなく
自分のために買う人や
友だちにプレゼントする人も増えているみたいですね。

~  ~  ~

そういえば前に友達が、
ペロペロキャンディ風のチョコをくれて
実はこれ、1本1000円もするんだよ
と教えてくれました。


おお、それ大変♪ と思った私は
どうしたかというとーー、
鏡の前で確認しながら食べましたよ。ええ。

こういうのは楽しい出来事です。

 

ということで、
気持ちに嘘なく過ごしたい、
実はチョコよりおせんべい派の瀬戸川礼子でした!

www.youtube.com