きれいごとでいこう!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。いい会社のいい話から私的なつぶやきまで、公私をつづります。

サウンドバーをテレビの下に取り付ける物語

こんにちは、瀬戸川礼子です。
 
今日お届けするのは、
個人的に実に涙ぐましく、そして達成感あふれる
「テレビの下にサウンドバーを取り付ける物語」です。
サウンドバーは、棒状のスピーカーのこと。
性能も価格もいろいろ出ています。

 

音楽を愛する私ですが、
いままで何年も、これ1つで音を楽しんできました=UE BOOM
小さい割にちゃんとした音。Bluetoothで家中どこでも使えて、
防水なのでお風呂もOK。軽い。充電長持ち。今も重宝しています。
 

 
でも、 やっぱりもっといい音で音楽を聞きたい。
ジャズに、ポップスに、クラシックに、いろいろな音楽を。
例えば、ボレロのクライマックスの音が割れないスピーカーがほしい。
あと、電化製品は日々進化しているから
今のほうがずっと高性能のはず。
 
~   ~   ~
 
ネット検索に何時間使ったことか……。
いろいろなメーカー・性能・大きさ・価格帯はわかった。
でも、肝心な音を聞かないことには決められません。
 
ということで、オーディオが充実している
秋葉原のヨドバシカメラに行きまして、
各メーカーのスピーカーを見て聞いて・見て聞いて、
デノンのサウンドバー550に決めました♪
お店の人が親切にいろいろ試させてくれて、
ボレロもジャズもポップスもいい音だったから。
 
性能がいい上に、幅65cmでコンパクトなのも好み。
価格は69,300円でした。
10%ポイント還元で、送料無料でした。

 
到着しました~。うれしい💗
これからはもっといい音で音楽が楽しめます♪

 
で、ここからです。
私のテレビスタンドはオプションで棚が買えるけど、
小さな正方形だから、サウンドバーがはみ出てかっこ悪い。
なので、置き場所を考えなきゃならんのですが、
「なんとなるさ」と、とりあえずバーを買った人。
 
さて、どうしよう。
 
やっぱり、DIYするしかないな。
とりあえず手持ちの工具を出してみる。

 
こんな風に自分で棚を作れるかな?
板は簡単だけど、金具の取り付けが難しそう。

 
~     ~     ~
 
 こういう時は、まずはネット検索です。
すると、いいアイデアが見つかりました!
 
なるほど。台を作って載せるんじゃなくて、
テレビ台とバーを金具で直接、固定すればいいんだ。
これなら私にもできそう!
 
テレビの裏をジロジロ眺め、
金具を取り付けられそうな部分を見つけます。
この穴はどうかな?
でも、穴の上や裏のスペースが小さすぎて無理そう。

 


最終的に、これしかないと思ったのが、
メジャーのように、枠の隙間に金具を引っかける方法です。


うん!これで行こう。
必要な金具をメモして、ホームセンターへレッツゴー。


買った部品( L字型を2つ)を組み合わせて、
テレビスタンドの裏にひっかける金具を作ります

 

いい感じ♡  順調、順調。
 

これ↑を足掛かりに、テレビの下にサウンドバーを吊るしたい。
 
バー本体に、壁に取り付け用の穴があるので、
これを金具と接続して吊るす方法もあるけど、
私が設置すると落下の予感しかしない……💦 却下。

 

そこで、今度はこの金具をつなげてサウンドバーを支える部分を作ります。
いいぞ、いいぞ!

 
がーー、
・棒の金具と L字の金具の太さが違う
・よって、ネジで繋げるための穴の大きさも違う
せっかく組み合わせたけど、ぐらぐらして危険です。
 
これをホームセンターに持って行き、
どうすればいいか、売り場の店員さんに相談しました。
「前の金具は無駄になっちゃうけど、
 同じ太さの金具のほうがネジが安定して、安全です」
 
おっしゃる通り。ということで、同じ太さの金具を新たに購入。
最初に買ったときは、気づけませんでした。
素人だから、いちいち無駄な動き&買い物が多い…。


帰ってきてやり直しです。
同じ太さの金具を組み合わせてサウンドバーの支えをつくり、
テレビスタンド枠に引っかけておいた金具と合体させます。
 
お、いいんじゃない?♡

 

サウンドバーを載せて、安定しているかを確かめます→大丈夫!
「テレビとサウンドバーは7cm以上空けること」って
誰かのブログに書いてあったのでそれも確認→大丈夫!

 

これで、出来……た? 
いや、ちょっと待って。
7cmも空けたくないなあ。だってカッコ悪い。
この空間って本当に必要なの?
 
すぐメーカーのDENONに電話で問い合わせると、
「こちらの商品はその必要はございません」
やった~!
 
金具の長さを調整しましてーー
ついに、出来ました!

 

すぐに電源ON。つなげます。

!! わあ、やっぱり、音がいい! 音が広がるわ~。うっとり。

スマホともテレビとも簡単につなげられるから、
音楽も映画もいい音で楽しめます♪ ほんとうれしい。

※ただ、たま~に音が途切れるのと、
スマホ・テレビの接続し直しに数秒かかりますが。

 

慣れないDIYは、時間がかかったし
無駄になった金具には申し訳ないし、
総額(無駄分も含む)約1万円で安くもないし、
腱鞘炎もまた痛くなってしまったけど、

なかなかの出来です。
「ないなら自分でつくる!」ができて満足です♪

 

~    ~    ~

 

今回、私が思ったこと

◆「出来ないはずがない」から始めれば出来ちゃう

◆3つセットのネジの使い方(順番)を初めて知った。

 

◆スパナ、ありがとう。超便利。
 握力が弱くても、これがあるから締められた。

 

◆ホームセンターありがとう
 もともと、工具や作業服売り場は好きだったけど
 今回は眺めるだけじゃなくて、商品も役立ったし、
 店員さんのアドバイスも現実的でほんと助かりました。

 

◆工具は生活に必須
 前からちょこちょこ使う工具たち。ありがとう。
 工具が使いこなせるってーー、すごく人間っぽい。

 

 もう一度、アップしたりして。


最近は、いろいろなテレビスタンドから
サウンドバー専用の棚が売られるようになりました。

なので、DIYする前に、専用棚があるかを確認したほうが
いいと思います。そのほうが断然、楽です。

ただ、オプションの棚がないとか、棚が気に入らないとか、
吊るしたいという方には、多少、参考になれば幸いです。

このブログは、Denon Home Sound Bar 550で
JAZZを聴きながらお届けしました!
 
元エレクトーン講師で
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

【幸せに働き生きるヒント】更新中

www.youtube.com

宇宙の目を持とう

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

今週のYouTube【幸せに働き生きるヒント】は
「宇宙の目を持とう」をテーマにライブでお送りしました。

www.youtube.com

タイムスケジュールはこちらです。

 

昨日、バレエアーティストの緑間玲貴さんと語り合う中で
「 人間を超える大きな概念と、自分を切り離さない感覚」
ってホント大事だなと感じ、それについて話しています。

大きな概念とは、
・仕事という存在かもしれないし、
・お天道様かもしれないし、
・神さまだと思う人もいるでしょう。
・意識を持った宇宙という存在かもしれません。

何でもいいんですけど、
とにかく小さな人間が全てを動かしているのではなく
大きな概念から大切なことを
「依頼されている感覚」
「選ばれている感覚」(謙虚な意味で)、
そういう感覚って、私は人間に必要なものだと思います。

この感覚を忘れたとき、
思いあがったり、
暴走したり、
自分のことしか考えられなくなったりするのでは?

~   ~   ~

ライブ31:37でお見せした宇宙の石はこちらです!

<リビアングラス>
2900万年前の隕石の衝突で形成された天然ガラス。
2900万円前とか、隕石の衝突でできたガラスとか、驚きしかない。

 

<ヌーマイト>
30億年前からあった地球の石。
地球ができたのは46億年前で、地球で初めて命が生まれたのは35億円前で……
悠久にもほどがある。すごすぎ。

 

~   ~   ~

 

後半は、視聴者のみなさんとの共同プロジェクト
「今年の目標中間報告会」です。ぜひご覧ください!

https://www.youtube.com/watch?v=9mrrACcPdhU

www.youtube.com

 

空を見るのが好きで、癖になってる
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

 

「武相荘」で白洲次郎と白洲正子の感性に触れる

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。
武相荘

東京に住んでいても知らない街がたくさんあります。
友人と散策した町田市もその一つでした。

今日は 2024.5.30に訪ねた町田散策ブログです。

まずは、白洲次郎と白洲正子が暮らした
「武相荘」(ぶあいそう) へ。

「ぶあいそう」とは、いかにも洒落が効いた名ですよね。
実は昔、この地域は「武相」(ぶそう)という地名だったのです。
「武相(ぶそう)銀行」という銀行もありました。
そこで、地名にひっかけて「武相荘」(ぶあいそう)。
パンフレットやHPには、名前の由来が書いていなかった
気がするけれど、きっとそういうことなのでしょう。

メインの入り口はこちら

 

白洲次郎は1902(明治35)年、芦屋の貿易商の家に生まれました。
イギリスのケンブリッジ大学に入り、
当時の日本より進んだ文明や、異なる価値観を学びます。

後に、吉田茂の依頼で日本国憲法の成立にかかわりました。
英語が堪能だった次郎は、GHQとの折衝にも欠かせなかったようです。

次郎の功績はほかにも多岐にわたりますが、
私が好きな逸話の一つは、
昭和26年に会長職に就任した東北電力の社員に向けて伝えた言葉です。
みなさんとその家族なしには、この事業は成し得なかったという感謝を
しっかりと言葉と文字に残していました。
労使の距離が離れていた時代ですから、なおさら胸に残りました。
白洲次郎とは?

 

武相荘。小山の中に農家を改装した建物が並びます

白洲次郎が好物だった海老カレーをいただきました

 

妻の白洲正子もまた、著名な随筆家で芸術観に長けた人でした。
1910(明治43)年に東京・麹町に生まれ、
母方・父方の祖父はともに海軍大佐・伯爵の、華族出身でした。

 

二人が暮らした武相荘はミュージアムになっていて、
新憲法の素案(?)や本棚や食器などが展示されています。

その中に、次郎が正子に送ったラブレターもありました。
「Masa, you are the fountain of my inspiration
And the climax of my ideals.」
(君こそ僕の発想の源であり、究極の理想だ)

人のラブレターを読んでくらっとする私💗( ´艸`)


ミュージアムの展示は写真NGでしたが、
食器類は陶器もガラスも青系が好みだったようで、
私の趣味とどんぴしゃでした。

 

 

納屋の上はバーになっています。

 

愛車のペイジ。経済力があったから買えたというよりも、
感性や価値観が日本人離れした人だったのだろうと思います。
世間体を気にするのではなく、自分がよいと思ったものをよいと考えた。

 

白洲次郎と白洲正子の感性に触れられるような武相荘。
いい時間でした。

【白洲次郎が遺した言葉(抜粋)】

・自分より目下と思われる人間には親切にしろよ

・今の日本の若い人に、一番足りないのは勇気だ

・自分の良心はきれいだと思ってるから、人が何言おうと平気だ

・このごろ経済界で、合理化合理化と
 盛んに云ってるけど、今の経営者に非常に大事なことは、
 何よりも先ず心構えを変えることだ。

そして、遺言はーー、

「葬式無用、戒名不用」

 

自分のプリンシプル(原理原則)を貫いた白洲次郎。
なんてカッコいい日本人だろう、と感じ入りました。

 

~   ~   ~

www.youtube.com

思いをわかってもらう話し方のノウハウ

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

YouTube【幸せに働き生きるヒント170】は
「思いをわかってもらう話し方のノウハウ」をお送りします。

www.youtube.com

 

会社で誰かと共に仕事をするとき
人生を誰かと歩むとき、
「思いを伝える」「相手にわかってもらう」
これは常に大切だし、必要です。

その大切さと必要性はその通りなんですけど、

「じゃあ、どうやって思いを伝えるの?」

そのノウハウを知りたい気持ちもわかります。

今回の動画は、
経営者である友人から、今回のテーマに関する
成功例やお困りごとをいろいろ聞いた上で、
私が実際にやってきて良かったことを
ノウハウとしてお届けします。

 

タイムスケジュールはこちら

ノウハウ①②③を柱に、
それぞれの中にさらにノウハウが散りばめられています。

原稿を書きながら「そうそう、これやってきたなあ」
「いまもYouTubeで毎週やってるなあ」と
自分を俯瞰して「よくやってるよ」と褒めたりして。

 

スライドもいっぱいつくって分かりやすく工夫しました。

こちら

 

~     ~     ~

私、たまーに思い出す場面があるんです。
小学校低学年のとき、図工で使う白い紙を
文房具屋さんに買いに行ったときのことを。

れ「紙ください」

文「はいはい。どんな紙?」

れ「白い紙」

文「大きさは?」

れ「このくらい(手でジェスチャー)」

文「このくらいでいい?」

れ「うん」

文「厚さは?」(紙の厚さが選べた)

れ「う~ん…」

文「何に使うの?」

れ「図工で使うの」

文「じゃあこれくらいだね」

れ「うん」

文「何枚?」

れ「一枚」

で、とりあえず買う紙は決まったんですけど、
最後にお店のおばさんが呆れたように言ったんです。

「あのね、こういうときはね、
『図工で使うから、このくらいの大きさの
白い紙を1枚ください』って言うのよ。
そうすればすぐわかるでしょ」。

隣にいたお店のおじさんは
「小さい子なんだから…」と、
ぐたぐたの私をかばってくれましたが、

さすがにおばさんの言う通りだと思ったし、
何ならダラダラやりとりをしている途中で
「もっと上手な買い方があると思う。でもわかんない」
って思ってたんです。ええ。

文房具やさんには、床下収納があって、
私が必要な紙はそこに置かれていました。

なので、おばさんは四つん這いで床下をのぞき込みながら
一つ一つ、私に聞かなきゃいけなかった。

「私、なんでこれくらいのことが上手に言えないんだろう」
と、強く思ったんですよね。

これははっきり覚えている場面です。

 

で、このときの小さな私のぐたぐたぶりは、
今回の動画でも改めて紹介している
5W1Hを使えていたら解消されてました。

こういうノウハウってやっぱり必要だな~。

かつて、
一枚の紙を買うだけで、ぐたぐただった私は
いまでは「こう言えばいいのよ」と言った
文房具店のおばさんの役目をやっているんですから
面白いなあと思います。

 

「思いをわかってもらう話し方のノウハウ」ご覧ください。

www.youtube.com

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした!

美瑛で丘めぐり2024 June

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

北海道・美瑛町で経営セミナーに登壇した翌日は、
地域おこし協力隊のみさきちゃんと丘めぐり!

美しい景色を眺めるのが大好きな私は、
「丘をめぐる」それが最高の休日です。

素晴らしい景色をみなさんにもおすそ分けしますね!

2024.6.11

ザ・美瑛! 農家さんの仕事の美しさよ   ※畑に入らないよう道路から撮ってます。

 

 

東京23区と同じ広さの美瑛町には
あちらこちらに表情の異なる丘があります。

命宿る雄大な芸術を、
風に吹かれながら好きなだけ眺められるという幸せ。

 

みさきちゃんが隠し撮りしてくれてました

うね 畝 ウネ。生産者の思いが伝わってきそう


かつての美瑛はうっそうとした山林の地でした。
開拓が始まったのは明治27(1894)年からです。
開拓者たちがこうした風景を見たら、どんなに誇らしいでしょう。


起伏の織り成すアート。
昔々、火山の大噴火によって、連なる丘が形成されました。

途中、みさきちゃん推しの「美馬牛駅」に連れて行ってもらいました。
可愛い駅舎で牛になる🐄

 

 


ランチはグラタン。北海道のジャガイモとチーズ、最高♡

光のカーテン

 

珈琲店・北工房にて、カメラマンのケント白石さんと遭遇しました。
この写真がAppleのデスクトップ写真に採用されたことで
美瑛町の「青い池」は世界に知られることになったのです。
ケントさん、めっちゃカラフルな方でした!(^^)

 

目の錯覚でジェットコースターのような道!

 

 

素晴らしい一日に目も心も潤いました。
やっぱり美瑛はいいなあ。

みさきちゃんありがとう
美瑛にまた呼んでくれた聖子さんありがとう
出会ってくれた皆さんありがとう
丘を作られる農家さんありがとう
開拓者の皆さんありがとう
美瑛よありがとう!

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

【幸せに働き生きるヒント】更新中!

www.youtube.com

北海道 美瑛町でセミナー「人材難時代の経営方法とは?」

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

今週は、北海道・美瑛町へ。
「人材難時代の経営方法とは?」に登壇しました。

英治出版創業者で美瑛町地域活性化起業人も担われる
原田英治さんに、私がインタビューするスタイルです。

 


~     ~     ~

セミナー前日は、美瑛でヘルシーマラソン大会がありました。
美瑛トマトに扮してハーフマラソンを完走した英治さん。
身体を張って、美瑛町の活性化に取り組まれています(≧∇≦) 

↑ 完走後の写真に文字を入れたのは英治出版の社員さん。
こういうジョークが自然と生まれる雰囲気の会社なんです。

さて、英治さんとの登壇は、昨夏に続き2回目。
※そのときのブログはこちら

今回のセミナーの中で一つご紹介すると、
「社長の10の思い込み」を英治さんが掲げられました。

例えば、
「給料が高いといい人材がとれる」とか
「投資するのは余剰資金」(回収できなければ投資しない)
などは、社長の思い込みだと。

私も、長年多くの会社取材を通じてそうだなと思います。
給料が高いことはもちろん悪いことではないし、
現在の物価高をかんがみると高い方がいいんです。
ただ、給料が不相応に高いと、
高い志よりも高い給料につられて入社する人が
増えてしまうこともあるわけです。

また、余剰資金がなくても投資する(特に教育に)ほうが
会社は成長していきますし、
そもそも、会社も人も「先に投資して後で回収する」
のは自然のセオリーですよね。

 

 

英治さんは東京の出版社の創業者ですが、
業界や立地が違っても、
自分に置き換えて応用できる話の数々でした。

そしてまた、業界や立地が同じでなければ学べない
という考えでは、視野は狭くなるばかりなので、
「いかに自分に置き換えて参考にするか」が
受講側の腕の見せ所だと思います。

私も人様のセミナーを受けるときは
そう心掛けています!

~   ~   ~

 

セミナー終了後、英治さんから全員に
「EIJI YEEL BEER」のプレゼントがありました😊

英治出版25周年と、同社が面白法人カヤックの子会社に
なったことを記念したビールです。
会社同士の結婚式の模様はこちら!💗すてき。

 

セミナーに参加してくれた、
サバイバルネイチャーガイド鈴木隊長こと鈴木義博さん
と地域おこし協力隊のみさきちゃん。


美瑛で登壇するのはこれで3回目となりました。
うち英治さんとは2回一緒に登壇して、
1回は心理学者のナディアと登壇しました。
次があるなら、どんな場になるでしょうか。
機会をのんびりと待ちたいと思います。

声をかけてくれた、美瑛町役場と商工会のみなさま
ありがとうございます!

 

翌日は、丘めぐりを丸一日 満喫しました!
素晴らしい景色。幸せな気持ち。
次のブログをお楽しみに!

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

【幸せに働き生きるヒント】更新中です!

www.youtube.com

第11回ホワイト企業大賞の応募スタート!

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

11回目となる「ホワイト企業大賞」。
今年も応募がスタートしています! https://x.gd/nPjtm


前回10回の記念写真です。表彰式は、グループで机に座り、ディスカッションをする時間もあり
とても盛り上がり、楽しいですよ。横の繋がりが生まれることもあります。

 

私たち委員会は
「社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にする企業」
をホワイト企業と大きく定義し、
日本社会にホワイト企業がどんどん増えてほしい!
という願いを込めて活動しています。

共に、ホワイト企業への道を歩みませんか?

「まだまだ応募できるほどではない」
と思う方もいらっしゃるようなのですが、
組織の健康診断として
毎年ご応募くださる企業も複数あります。

いい会社になるために、
ぜひこの取り組みをご活用ください。

委員会一同、ご応募お待ちしています!
詳しくはこちらです→ https://x.gd/nPjtm

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

【幸せに働き生きるヒント】更新中です!

www.youtube.com

外部人材が会社を変える!『リベラルタイム』

 

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

『リベラルタイム』というビジネス情報誌があります。


今週発売の2024年7月号の特集は
外部人材が会社を変える!」
この特集の中で
外部人材登用による企業のメリット・デメリット」
について執筆しました。
(お見せできずあしからずです)

 
みなさんお勤めの、または経営する会社では
重要なセクションに外部人材を登用されていますか?
後継者については不足が強く叫ばれていますが、
いまの社会構成では不足はもう止まりません。
それに、内部人財の中には探せないという
場合も多々あります(これはこれで問題ありです)
また、外の風を入れる利点もあって
外部人材に未来を託す会社は少なくありません。
そこで、外部人材を登用する際の
メリットとデメリットを書き出しています。

できればそれぞれの企業ごとに表をつくると
いいんじゃないでしょうか。
なんとなく感じていることが明確になり、
何を重んじてどんな対策を取ろうか、
頭と心の整理がしやすいと思います。
~   ~   ~
私はこれまでの取材で、
重要なポストに内部人材を登用した成功例も、
外部人材を登用した成功例も、
どちらも聞いてきました。
ただ、多くの中小企業の場合、
「経営者とその家族のお金」と「会社の資本」が
明確に分離されていないことがあって、
(諸表上は分離されていても、実際は公私混同だったり)
その場合は、しっかり、きれいに、分離させる意思が
重要になると思います。
~   ~   ~
ほかの特集ページでは、
大企業の成功例などが取り上げられています。
書店のほか、東京メトロ駅の売店
セブンイレブン、amazonでもお求めいただけます

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

【幸せに働き生きるヒント】更新中です!

www.youtube.com

やまなしキャリアアップユニバーシティ2期募集中~コミュニケーション講座始まります

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

山梨県が力を入れている学びの場
「やまなしキャリアアップ・ユニバーシティ」
2期の募集が始まっています!

・経営マネジメント
・ものづくり
・コミュニケーション
・DX
のそれぞれ4講座あり、

私はコミュニケーション講座を担当しています。
7月は基礎編、9月は応用編です。

 


好評だった1期から
さらにブラッシュアップして2期が始まります。
ご応募いただけるのは、
山梨県が推進する「スリーアップ宣言」をしている、
または、しようとしている企業の方です。

スリーアップ宣言とは?
働き手のスキルアップを起点とした、
①企業における収益性・生産性のアップ
②評価や賃金のアップ
③評価や賃金のアップ
という好循環のこと。

県主催なので低価格です、が、内容は濃い!
山梨県の方はぜひこの有意義な講座を受けて
得をしてほしいと思います。

経営マネジメント
ものづくり
コミュニケーション (私が担当します)
DX

残席わずか。ご応募お待ちしています。

講師の瀬戸川礼子でした。

【幸せに働き生きるヒント】更新中

www.youtube.com

正直を以て体となし 敬愛を以て心となし 無事を以て行いとなす

こんにちは。
2024年6月1日のおついたちでした。
(一日遅れのアップです)

今日の言葉は
「それ神道は
正直を以(もっ)て体となし

敬愛を以て心となし
無事を以て行いとなす」(中江藤樹)

 

 

言葉通りですが、私なりに解釈すると
正しく素直な「正直」な自分であること、
相手に「敬愛」の念を持つこと、
過ちや不幸のない「無事」な行いをすること、
でしょうか。

 

あっという間に6月。
このひと月が終わったら今年の半分が終わりますね。

正直・敬愛・無事を以って乗り切りましょう!

と書いてる私は、すっかり電子決済に慣れまして、
さっきお賽銭を忘れたまま、
しれっと「ただ参り」をしてまいりました(正直)。

あとで、敬愛とお賽銭を持ってまたお参りしてきます。
無事に戻ります。

うっかりな方も、しっかりな方も、
6月も良い月でありますように!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

【幸せに働き生きるヒント】更新中です。

www.youtube.com