きれいごとでいこう!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。いい会社のいい話から私的なつぶやきまで、公私をつづります。

美瑛2023夏 ~地球と歴史と景色と~

こんにちは。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

2022夏、2023冬に続いて3回目、
美瑛町×NPO場とつながりラボhome’s vi
コワーケーションビレッジ2023夏に参加してきました。
今回も本当に素晴らしい体験となりました!

 

このブログでは、美瑛町の歴史と景色をご紹介します。

 

大空と山と連なる丘と。ただただ美しい……

 

美瑛町は北海道の中央部に位置します。
旭川空港から約10分。東京・羽田から2時間で着ける近さなんです。

 

美瑛町の代名詞である美しい丘は
どのようにして生まれたのでしょうかーー?


それは約200~100万年前にさかのぼります。
北海道の中央部で大規模な噴火が起きました。

そのとき噴出した膨大な量の火砕流が積み重なり、
やがて、丘を形成しました。

その後も続いている火山活動によって
十勝岳連峰がつくられました(下の地図、右下)。
ちなみに現在も約30年周期で噴火しています。

 

 

虹が!  起伏のある丘からリズムが聞こえてきそう。

十勝岳ジオパーク 

 tokachidake-geopark.jp

 

十勝岳の下にある「望岳台」は荒々しい姿を見せてくれ、
噴火の片鱗を感じることができました。

 

雨が降りそうだったので、トレッキングはしませんでしたが、
このずっと奥まで登れます。
秋になると、それはそれは紅葉がきれいだそうです。

 

場所が変わって、こちらは白ひげの滝です。
小雨が降っていたのに、白い滝と青い水のコントラストが美しかった。


白ひげの滝は、十勝岳火山の地層の境目から湧き出ています。
つまりこの滝も、火山噴火がつくったものなのです。

 

 

~   ~   ~

 

次に、もう少し手前の歴史に触れたいと思います。

北海道の開拓が明治時代に始まったことは
ご存じの方が多いでしょう。

 

 

日本政府は、明治2~15(1869~1882)年まで
「開拓使」という官庁を設け、
北海道の本格的な開拓を行いました。

ここ美瑛町の開拓がはじまったのは、
開拓使終了の12年後、明治27(1894)年です。

小林直三郎という人物が兵庫から入植し、
現在の旭地区で農場を創設したのです。

丘のまち郷土学館「美宙」にて

小林直三郎は、幾多の災害にもくじけず、
うっそうとした山林を切り開き、
稲作地帯の基礎を作り上げました。

ところが、上の案内板の通り、
23年後の大正6年。大凶作の経営不振で
他社に売り払われることとなりました。

この人がどういう人物だったのかーー、
小作人を大事にする人だったのかどうか分かりませんが、
最も辛い、何もないところから作り上げた農場を、
入植から23年で売ることになった気持ちを想像すると、
胸をえぐられるような思いでした。

 

その後、大正15(1926)年には十勝岳が大爆発し、
泥流は美瑛と上富良野を飲み込みました。
三浦綾子さんが1977年に小説に書かれ、
そろそろ映画化されるそうです。

~   ~   ~

下記は、丘のまち郷土学館「美宙」の展示です。

明治末~昭和中期まで使われた人力の除草機。
戦中の金属供出によって金属を使うことがかなわず、
爪は竹で、羽根車は木でつくられています。

押す人の体格に合わせられるように、
柄の角度が調整できるとのこと。
小柄な人も使えたわけですが、大変だったろうなあ…。


畑仕事をしている人々の写真と、
コワーケーションビレッジを企画してくれた聖子さん。
実は聖子さんの祖先の写真なんです。

拡大するとーー。人力であることがよくわかります。

 

ちょっと横道にそれますけど、同じ歴史展示の中に黒電話がぁぁぁぁ。
昔、うちにあった電話は、もはや歴史になってしまったのか。
一緒に展示を見た大学生君は「使い方がわからない」と。…だよね (^^;)

 

~  ~  ~

200万年~100万年前の大噴火によって
いくつもの丘が生まれ、
130年前からはやせた土地を人が耕して、耕して、
平地も人が耕して、耕してーー、
いまではこんなに肥沃な土地と美しい町に.。*☆+.*.。☆゚+..。*゚+

 

自然の力がすごいのは言うまでもないけれど、人間もすごい。

 

なだらかな丘が重なって描かれる美瑛の美しい景色は、
噴火という地球の活動と、
農業・酪農という人間の活動が生み出した随一のものなのです。

 

 

3回目の美瑛コワーケーションビレッジで、
美瑛×地球を感じることができました!

 

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

www.youtube.com