きれいごとでいこう!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。いい会社のいい話から私的なつぶやきまで、公私をつづります。

モンテネグロの世界遺産都市 コトルのレストラン 2019

2019年10月7日。

モンテネグロのコトルへ。

モンテネグロは旧ユーゴスラビアの一つで、

人口約60万人の小さな国です。


要塞の頂上に上る途中でひとやすみ。美しい。

左の大きな客船に乗ってきました。お邪魔しております…。


旧市街の都市コトルは世界遺産の街。

城壁に囲まれた様は、いま思い出すと、

ちょっと『進撃の巨人』に似ていたかも。

 


船が着いて観光客が降り立つ時間帯。

予約客や引き抜き客を待つ観光タクシーのドライバーさんたち。



コトルで一番の思い出はレストランです。

仲間の一人が、コトル在住の方と日本でご近所さんだったそうで、

来るならレストランでご馳走するよと。

コトルの思い出のレストラン「Bastion3」

ところが行ってみると

ご馳走してくれる方は出張で不在(前から決まっていた予定だそう)。

つまり、自分は同席しないのに、

ありのりとその友人である私たちが

たらふく飲み&食べたお金を、

払っておいてくれるというわけです。

わお、なんて粋な!

これは、ありのりがそれだけ大切に

人間関係を築いていたということでもあって。

お二人ともありがとう!

リゾット2種の盛り合わせ。イカすみと海老。


ソテー2種、白身魚とイカ。素ん晴らしく美味しかった♡

IMG_2774.jpg


実はコトルでは、

カフェとTシャツ店と化粧品店に入ったのだけれど、

いずれもあからさまに冷ややかな目を向けられて、

私は悲しかった。

けれどこのレストランでは、

コネクションのお陰もあって歓迎してもらい、

美味しいご飯をいただきながらみんなと語り、笑い、

幸せを味わえました。

オーナーとテキーラを一気飲みした友達も。

すっかりリラックス。気づけば3時間が経っていました。


 
ヨーロッパに出れば、アジア人の私はマイノリティ。

だからこそ気づけることもあります。

日本で同じ目に遭っている外国人は少なくないだろうから、

温かな眼差しを向けようって心に刻みました。

また、遠く異国の街にコネクションがあったことの

有り難さを感じつつも、

その前に尋ねたお店を思い出し、

コネクションがなくたって優しくしたらいいよね、

という想いも持ちました。

自分の国では体験し得ないことに遭遇した、学びの街でした。

 旅人の瀬戸川礼子でした。

◆2019年10月に行ってきました

イタリア~クロアチア~モンテネグロ~ギリシャ

の旅ブログは下記をご覧ください。

イタリア・ベネチアの「メストレ駅」とスーパー「SPAR」

https://reikosetogawa.seesaa.net/article/201910article_2.html

イタリア・ベネチア本島ひとり旅 ~迷宮・ラビリンス~

https://reikosetogawa.seesaa.net/article/201910article_4.html

イタリア・フィレンツェひとり旅

https://76653926.at.webry.info/20191016/index.html

イタリアのベネチアングラス発祥の地「ムラーノ島」へ

https://reikosetogawa.seesaa.net/article/201910article_7.html

イタリアのカラフルでキュートな「ブラーノ島」

https://76653926.at.webry.info/20191018/index.html

クロアチアの世界遺産の都市・ドブロブニク ~魔女の宅急便の舞台~

https://76653926.at.webry.info/20191021/index.html

ギリシャの美しい高級リゾート「サントリーニ島」へ

https://76653926.at.webry.info/20191025/index.html

ギリシャのカタコロン(オリンピック発祥の地)

https://76653926.at.webry.info/20191027/index.html

 

やってます!