きれいごとでいこう!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子です。いい会社のいい話から私的なつぶやきまで、公私をつづります。

鎌倉投信・新井和宏さんの著書『投資は「きれいごと」で成功する』


『投資は「きれいごと」で成功する』
鎌倉投信・新井和宏さん初の書著が発刊されました。

新井さんと本を手に。

画像












 

鎌倉投信は、1万円から投資できる「結い2010」を商品とし、
投資先は、携わる人々を幸せにする「いい会社だけ」という、
実に愛すべき変な会社です。
そして運用を担うのが、さらに変で、さらに愛されている新井さんです。
「変」というのは私の褒め言葉です。


リターンの定義をお金ではなく「幸せ」に置く新井さん。
自分の資産も公開しています。
「持っている金融資産は『結い2010』だけで、 本書の執筆時の評価額は310万円。 ほかの金融資産は鎌倉投信の創業時に使ってしまいました」(P126)

私の人生のモットーが、このブログのタイトルでもある
「きれいごとでいこう!」ということもあり、
金融の世界で「きれいごと」を追求する新井さんが注目される
ことはとても良いこととうれしいのです。



鎌倉投信のことは、これまでに何度も取材していて
新井さんと社長の鎌田さんにはたびたび話をうかがっていますが、
この本はさらに情緒的&論理的に新井さんの思いに触れることができます。


「経済に投資するのではなく、経営に投資する」
森をつくる木々1本1本を丁寧に見つめる新井さんらしい言葉。

「投資先と苦楽をともにする」
お金を目的とする投資では決して出てこない言葉です。


この本は、投資の話だけではなく、
そもそもお金ってなんだろう? 
信頼ってなんだろう? 
後半は「いい会社の見つけ方」など、
「それを知りたかった」という内容がつまっています。

「きれいごと」を広めていきましょう☆
『Japanist』で鎌倉投信を取材したときのblogはこちら https://reikosetogawa.seesaa.net/article/201501article_14.html https://reikosetogawa.seesaa.net/article/201411article_8.html
鎌倉投信でセミナーをしたときの様子はこちら https://reikosetogawa.seesaa.net/article/201403article_4.html

ジャーナリストの瀬戸川礼子でした